読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高偏差値純愛物語blog

高偏差値の男女の恋愛は、少し変わっているけどやることは同じ。

童貞を捨てた!

相手は、メチャクチャ可愛すぎる、お嬢様学校の女子高生だ!

まだ一年生たぞ?

最高級のリゾートホテルに入った!

「初めて?」と聞いたら、恥ずかしそうに頷いた。

「電気を消そうか?」と聞いたら、意外にも首を振った。

服を全部脱がせて挙げた。

可愛すぎる体だった。

「恥ずかしくないの?」と聞いたら、「好きな人の前だから大丈夫!」と健気に答えた。

「俺も脱ぐけどいいかな?」と言ったら、嬉しそうに頷いた。

パンツだけになった。

そしたら、「全部、脱いで(はーと)」と言った。

「いや、大事なところが見えるけど?」と言ったら、「見たいの!!」と笑って言った。

「いや、ちょっと膨らんでいるから‥」と言ったら、「見れば分かるよ!」と言った。

「あれ?本当に、今日が初めてなの??」と聞いたら、あっさりと「そうだよ?なんで??」と言った。

「いや、だって、ハズカシがらないじゃん!?」と言ったら、「え?ヴァージンなら恥ずかしがると思っていたの!?」と答えた。

「うん」と言ったら、「私、ヴァージンだけど、エッチ好きだよ?」と言った。

「いや、未経験なのに、なんで好きとか言えるの??」と聞いたら、「あなたが好きだから!!」と言った。

「ああ、俺とエッチしたいわけ?」と言ったら、「当然じゃん!」と言った。

「わかった。じゃあ、する?」「しよ!」

「悪いけど、俺、初めてなんだ」「何が?」

「いや、エッチが」
「当たり前じゃん!私とするの初めてでしょ!?」

「いや、エッチしたことないんだ」

「どういう意味」

「いや、女の子とエッチしたことないんだ」

「ウソ!?」

「いや、本当の話」
「1人も経験がないの!?」

「うん」

「信じられない‥」
「幻滅した?未経験の男なんて??」

「そんなことないよ!」

「なんで??」

「嬉しい!!」

「え!?なんで??」

「だって、私が、初めての経験なんでしょ?」

「そうなるね」

「凄く嬉しい!!」
「そうなんだ。それなら良かった‥」

「ねえ、パンツを早く脱いで!」

「ああ、小さくなっちゃったな」

「いいから脱いで!」

「はい」

「え!?それで小さいの??」

「そうだよ?」

「大きいね?」

「ああ、昔から大きいよ?」

「もっと大きく‥」