読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高偏差値純愛物語blog

高偏差値の男女の恋愛は、少し変わっているけどやることは同じ。

おやすみ

「こんなに大きくなるの!?」

「大きすぎるかな??」

「いや、すごーい!!立派だね(笑)」

「でも、これをさ、入れるんだよ?」

「どこに?」

「君の大事なところ」

「知ってるよ?楽しみ!!」

「いや、大きいとさ‥」

「痛いんでしょ?心配なの?」

「うん」

「優しいんだ(笑)大丈夫、我慢するから!!」

「でも‥」

「入れたくないの??」

「いや、入れたいよ?」

「じゃあ入れて!また小さくなっちゃうよ??」

「本当にいいのね!?」

「もちろん!!」

「じゃあ入れるよ?」

「痛い!!」

「大丈夫!?」

「止めちゃイヤ!!」

「分かった、最後まで入れるから!!」

「痛い痛い!!」

「頑張って、もう少しだから!!」

「うん、頑張る!!」

「よし、奥まで入った!!」

「ホント?」

「うん、しっかりと入ったよ(笑)」

「超嬉しい!!」

「僕も嬉しいよ(笑)」

「気持ちいい?」

「何が?」

「おちんちん!!初めてなんでしょ??」

「ああ、夢中だったから‥」

「え?気持ちよくないの??(悲しい顔)」

「そ、そんなことないよ!?(汗)温かくて柔らかい!!」

「気持ちいい?」

「うん、凄く気持ちいい!!」

「ウソ!入れているだけなのに、そんなに気持ちいいはずないじゃん!?(怒)」

「ごめん‥」

「いいよ(笑)じゃあ動いて!?」

「大丈夫?」

「動かないと気持ちよくならないでしょ!?」

「そうだけど‥」

「じゃあ動いて!(笑)」

「うん」

「ちょっと、そんなにゆっくりで気持ちいいの!?」

「いや‥」

「じゃあ、もっと早く動いて!!」

「いや、痛いから‥」

「私はいいの!あなたが気持ち良くならないとイヤ!!(怒)」

「分かった!思い切り動くから!!」

「ど、どう気持ちいい?(汗)」

「どんどん気持ちよくなってる!!」

「イキそう?」

「もう少し!」

「頑張って!」

「よし、イクぞ!」
「いっぱい出してね!!」

「イクッ!!」

「出てるの分かるよ!」

「めっちゃ気持ちいい!!」

「いっぱい出た?」
「うん出た(笑)」

「良かった!(笑)」
「大丈夫だった?」
「うん大丈夫!(笑)」

「取りあえず抜くよ?」

「イヤ!」

「なんで?」

「まだ、つながっていたいの!」

「分かった!でも、小さくなりだしたら抜くからね?」

「いいよ!(笑)」

「こうしているだけでも、なんか楽しい気がするなぁ?」

「私も!」

「つながっているっていいよね?」

「うん!」

「あ、小さくなってきたかな‥」

「もう?」

「ごめんね?」

「いいよ!(笑)仕方ないもんね!!」

「じゃあ抜くね?」
「ゆっくり抜いてね?(笑)」

「分かった!(笑)」
「おちんちん見せて!(笑)」

「なんで!?」

「見たいの!見せてよ!!」

「いいけど、小さくなっているよ?」

「でも大きいじゃん!(笑)」

「そうだね!(笑)」
「立派だねぇ!(笑)」

「まあね!(笑)」

「なに自慢してるのよ!?(笑)」

「ごめん!(笑)」

「ねえ、なめてもいい?」

「ああ、なめたい?」

「うん!(笑)」

「いいよ!(笑)」

「やった!(笑)」

「そんなになめないでよ!?」

「え?ダメなの??」

「いや、いきなりだからびっくりした!」

「なめるのイヤ?(悲しい顔)」

「大好きだよ!(笑)遠慮しないでなめて!!」

「やった!(笑)」

「おー、すげー気持ちいい!!」

「うふふ!」

「どんどん気持ちよくなる!!」

「うふふふ!」

「やべ!行きそう!!」

「うん!」

「出るよ?」

「うん!」

「出していいの??」

「うん!!」

「よし!出すぞ!!」

「うふ!!」

「出た!!」

「うっ!?」

「あ、大丈夫!?出していいよ??」

「ううん!」

「飲む気?」

「うん!」

「すげー嬉しい!!」

「飲んじゃった!(笑)」

「すごいね!?」

「あなたのセーシだから大丈夫!!(笑)」

「そっか!(笑)」

「素敵な初体験だったね!(笑)」

「お互いにね!(笑)」

「また、しようね!(笑)」

「もちろん!」

「私のこと愛してる?」

「当然!!」

「嬉しい!!」

「ずっと愛してるよ!!」

「ありがと!!(泣)」

「泣くなよ?」

「だって嬉しいんだもん!!(涙)」

「そっか!可愛い奴だな!(笑)」

「永遠に一緒にいようね!?」

「もちろんだよ!」
「絶対だよ!?」

「うん、絶対!」

「約束だよ!?」

「約束する!」

「安心した!(笑)」
「じゃあ、そろそろ眠ろうか?」

「そうだね」

「じゃあ服を‥」

「ちょっと、なんで服を着るの??」

「え?ダメ??」

「当たり前じゃん!裸同士で寝たい!!」

「じゃあ、そうしよう!」

「私の裸、好き?」
「うん!」

「嬉しい!」

「じゃあ、電気を消すね?」

「おやすみ!」